ども、魚吉です。

ず~っと光回線を他社に移したかったのですが先延ばしにしていました。

しかし、2019年7月から光コラボの事業者変更ができるとショップで聞いたのでソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えを決意しました。

今回はそのときやったことをまとめていきます。

光コラボの事業者変更って何?

ソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更

そもそも、事業者変更って何?って思いますよね。

私はドコモの携帯を使っているのですが、初めて事業者変更の話を聞いたのはドコモショップでした。

ちょうど、ドコモショップでプランの変更を行ったときに聞いたんです。

 

内容をまとめると・・・

今の光回線のまま契約している会社の変更ができる。

 

本当に簡単にまとめると上記のことが可能になりました。

 

補足すると、今までは光コラボ(AU光・Softbank光・docomo光)と各事業者間の乗り換えを行う際は、新しく契約した後に今まで契約していたところの解約が必要でした。

ところが、2019年7月から事業者変更という手続きを行うことで、今まで使用していた光業者を解約するという手順を踏まずに新しい会社に契約するだけで今までの環境が引き継げるようになりました。

 

ちょっとわかりにくいのですが、メリットとしては

『インターネットが使えない日がなくなった。』

『今まで使用していた光回線の会社に解約の手続きをしなくてもなくなった。』

『今までも光回線をそのまま使うので工事費用がなくなった』

といったメリットがあげられます。

解約の手続きが必要なくなった分、労力が半分になったんです。

 

でも、今まで通り2年縛りの違約金は発生しますし手続きにも契約側と解約側に3,000円がかかるのでメリットばかりというわけでもありません。

事業者変更後のメリット・デメリット

インターネット乗り換え

それではまず、事業者変更でソフトバンク光からドコモ光に乗り換えた場合のメリットとデメリットをまとめます。

ちなみに今回のメリット・デメリットは我が家の場合です。

とくに現在使用している携帯会社でメリットが大きく変わるので事業者変更の際は十分に考慮してください。

 

我が家の場合は家族全員、ドコモのスマホを使用しています。

基本的に現在利用している携帯会社の光回線を利用するのが1番恩恵を受けることができます。

なのでエーユーの携帯を家族で使っているならエーユー光。

ソフトバンクの携帯を使っているならばソフトバンク光といった具合です。

理由は同じ会社で光回線と携帯を揃えておくと携帯料金の割引が発生するためその分お得になっています。

でも、個人的に今まで使用していたソフトバンク光は個人的にオススメできません(後述します)

 

先にも記述しましたが我が家は全員ドコモのスマホを利用しているので必然的にドコモ光の選択肢になりました。

なぜ最初からドコモにしなかったかは・・・・わかりません。失敗でした。

フレッツ光から変えるときにもっと調べておくべきでした。

ドコモスマホとドコモ光とで揃えることで以下のメリットがあります。

 

・スマホプラン、ギガホ・ギガライトにすることによってスマホ各1台ごとに500円~1000円の割引が入る。

 

上記のサービスにより我が家の場合はスマホが2台あるので最大2000円の割引が入ります。

ただし、ギガライトの1ギガ未満なら割引対象外であり、我が家の場合はWi-Fiを使ってパケット代を抑えているので3ギガ未満の500円割引。

2台合わせて月1,000円の割引くらいで収まるかなと思います。

この割引ですが「ファミリー割引グループ全体」が対象なので3親等までの親族を同じグループに入れてしまえば全員が対象になります。

我が家は母を入れて3人ですが、弟のグループは家族が多いこともあり10人以上も適応なるというすごいことになっています。

 

・dカードで支払いすることによりdポイントがたまる。

 

スマホの利用料金とは別にインターネット料金もdポイントの対象となる為ポイントが溜まります。

このポイントはdショッピングなどで使うことができますし、いつも間にか溜まっているので結構お得感があります。

 

・プロバイダをGMOとくとくBBに変更すればIPv6対応のルーターを無料レンタルできる。




・ソフトバンク光ではIPv6回線を使用するために専用の機器(光BBユニット)を月500円でレンタルしなければいけなかったのが無料でIPv6が利用できるようになる。

 

・月300円のYahoo!BB基本サービスがなくなるので300円が浮く。

逆にデメリットも存在します。

ただ、考え付くのは最初に発生することくらいなので最初さえ乗り切ればメリットだけになります。

 

・メールアドレスが変わる

 

ソフトバンク光の場合は、メールアドレスを貰うために半強制的に月300円のYahoo!BB基本サービスに入ることになります。

ちなみにこのYahoo!BB基本サービスはソフトバンク光を解約すると一緒に解約となります。

残念ながら有料なのに月300円払って他の光回線で利用できないんですよね。

なのでメールアドレスが変更になるのでメールアドレスを登録しているサイトの変更を行わなければなりません。

私は複数個ブログを管理しているのでそこら辺の変更が面倒でした。

メールアドレスを使用していない人には特にデメリットにならないのかもしれません。

 

・2年縛りの違約金が発生する

 

更新月じゃない場合違約金が発生します。

私の場合は更新月が4月・・・1年も待てないので違約金を払うことにしました。

 

・契約・解約の事務手数料が各3,000円かかる

 

これは必要経費なので仕方がありません。

ソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更を決意した経緯

上記した通り、お金の面でもメリットはたくさんあったのですが、実はソフトバンク光に不満も多々あったんです。

これからソフトバンク光へ契約しようと考えている方は読んでもらうとトラブル回避できるかもしれません。

 

1.名義変更ができない

 

1番困ったのがこの名義変更ができないということです。

まず1番初めにソフトバンク光へ契約したのが母親でした。

しかし、同居するようになりインターネットの支払いは私がすることになりました。

 

しかし、ソフトバンク光へ支払い者が変わるので引き落としの口座の名義を変えたいと連絡したところ答えはNo!

名義変更はできず支払方法を変えるには支払い用紙を郵送し、コンビニなどで支払ってもらうことになるという回答でした。

これだと少額ですが手数料がかかります。

ただでさえBBユニット借りたりメアドの維持でオプション費用かかっているのにこれはひどい。

 

ちなみに、「例えば名義人が亡くなって支払うことできなくなったら?」と質問してみましたが、それでも名義変更はできないという返事でした。

どうなっているんだソフトバンク!

ちなみに今回事業者変更でドコモ光に変えた時に名義も私の名前に変更できましたし、支払いの口座もスマホの口座と統一できました。

これだけでも毎回毎回インターネットの支払いの為だけに母に作ってもらった口座にお金を振り込みにいかなくてよくなったので十分なメリットでした。

 

2.IPv6回線を使うのに光BBユニットが必要

 

ソフトバンク光に変えてから夜になると一気に通信速度が落ちるんです。

本当に光回線か!って言うくらい通信速語が遅い・・・

本当に困ったので夜の9時頃に通信速度をはかってみました。

そしたらなんと登りも下りも通信速度1M以下・・・こんなのADSL以下じゃないか!

 

これではゲームも動画も快適に見れないと思い調べました。

そしてわかった事実。

ソフトバンク光はIPv4接続なので夜になると遅い・・・

しかも、IPv6回線を使用するにはソフトバンクから月500円で光BBユニットを借りるしかない。

 

ちょっとこのIPvって詳しくないのでちゃんと説明できないのですが、簡単に説明します。

現在IPv4回線はパンクするほど使われており、インターネットが集中する時間帯では通信が不安定になります。

そしてIPv6回線はIPv4よりも多くの回線を用意できることが可能で、まだパンクするほど使われていないのでいつでも安定した速度が出るようです。

 

ドコモ光だとプロバイダがIPv6に対応してればIPv6対応のルーターを用意すればIPv6で接続できるというのに、ソフトバンクは専用のルーターじゃないとダメというのはひどい。

現在ソフトバンク光で夜通信速度が遅すぎてゲームも動画も見れないと困っている人は光BBユニットをレンタルすると問題解決しますよ。

ただ年間6,000円かかるんですよね。

ほかのところでは無料で普通に使えるのに・・・

ドコモ光への事業者変更の手順

事業者変更手順

長々と書きましたがここからは事業者変更の手順を書いていきます。

ちなみに事業者変更のやり方もいろいろあり、ドコモショップなどの窓口で手続きかそれ以外となります。

窓口だとほぼすべての手順をやってもらえるので楽なのですが得点が少ないのがデメリットです。

逆にプロバイダなどを通して登録すれば違約金分も戻ってくるなんて特典もあったりします。

私はお金よりも安心が欲しかったのでドコモショップで手続きをしました。

1.事業者変更承諾番号を用意する

まずは今まで契約していた光会社へ電話をし、事業者変更承諾番号を発行してもらいます。

これがないと事業者変更ができないので必ず必要な手続きとなります。

 

ちなみにソフトバンクの場合は電話が非常につながりにくく平日の3時頃なのに10分以上待たされました。

この電話、ドコモショップのお姉さんがしてくれてたのですが、お姉さんも困り顔でしたね・・・

んで、ようやくつながった人が声色からしておばあちゃ・・・いや、ベテランの方でして。

 

この対応してくれた人がかなりテキトウだったんです。

手続きしている私は名義人じゃなかったので事業者変更承諾番号はすぐには教えられないと言われたんですが、連絡できるのが「みょうじつ」と連呼しまして・・・

こっちはドコモショップまで来ているので、また後日ドコモショップに来たくなかったのではっきりしてほしかったのですよ。

だから「みょうじつっていつですか?あした?」と聞いたら「そうです、みょうじつです」と・・・会話が成り立ちません。

1つ分かったことは事業者承諾メッセージはショートメッセージで送られてくるようです。

 

ひとまずドコモショップでは当日に事業者変更番号がなくてもダミーの番号で手続きだけは進めておけるらしく、「みょうじつ」の連絡後ドコモへ電話連絡で手続きを完了できるということで一安心。

 

しかし、2日経ってもショートメッセージは来ません。

仕方がないのでもう1回ソフトバンクへ連絡することになりました。

2回目の連絡の時はすぐに事業者変更承諾番号を発行してもらえましたが・・・

週が明けた月曜日にまた同じ事業者変更承諾番号が送られてきました。

 

んー、これって『翌営業日』とかって言わなきゃいけないんじゃないの?

事業者変更承諾番号と一緒に速度タイプも確認しておく

せっかく現在契約している光会社へ連絡しているので現在の速度タイプも確認しておきましょう。

速度タイプは3種類あり、1ギガ・200メガ・100メガとあります。

ドコモショップで契約していた私の場合は受付のお姉さんが聞いてくれていましたが、自分で連絡した場合はコチラも忘れずに確認しておきましょう。

 

ちなみにソフトバンクに電話した時、1ギガとおばちゃ・・・ベテランの受付の方は言ってました。

しかし、後日事業者変更承諾番号を電話で伝えた時にドコモで最終確認したら200メガでした。

いったいどうなってるんだ!

 

ちなみにドコモの方で200メガだったのを1ギガに変更してもらいました。

こちらも手続きだけで、手続き費用2,000円かかりましたが最初だけだというので変更しておきました。

2.プロバイダを選び契約の手続き

ドコモ光の場合はタイプA・タイプB・単独タイプとあり、単独タイプでソフトバンクBBのプロバイダを使う選択肢もありましたが割高になる為断念。

いろいろネットで調べてみると『GMOとくとくBB』が回線速度も速く、タイプAで最安値だと知りこちらに申し込みました。

 

私はやりませんでしたがドコモショップからではなく、GMOとくとくBBから乗り換えの手続きをすると15,000円もらえるようです。



事業者変更のメリットの方でも触れましたが、GMOとくとくBBのプロバイダに登録すれば最新のIPv6対応のルーターを無料でレンタルできます。

これはGMOとくとくBBから申し込まなくても受け取れる特典ですのでドコモショップで契約しても問題ありません。

ただ15,000円がもらえなくなるだけです。

 

もしGMOとくとくBBから申し込みたい場合は検索すれば出てくると思いますので興味があれば調べてみてください。

私はドコモショップで全部終わらせてしまったのでそちらの詳しい方法までは責任持てません。

3.乗り換え手続きが終わったら開通を待つ

手続きが無事完了すれば乗り換え日を教えてもらえるはずです。

あとは開通日までどんと構えて待つだけです。

GMOとくとくBBに契約したはルーターの手続きを

GMOとくとくBBからレンタルしたルーター

プロバイダを選ぶ際に『GMOとくとくBB』に申し込んだ方は後日ルーターレンタルのショートメッセージが届くので登録しておきましょう。

先に登録しておくことにより、乗り換え前か乗り換え後数日後に最新ルーターを手に入れることができます。

この乗り換え前か後の違いですが、現在IPv6回線を使用しているかどうかかクレジット払いかどうかで変化します。

私の場合は開通後3日後くらいに届いたのでかなり早く届いたなーって印象でした。

 

ルーターはBAFFALO製・NEC製・ELECOM製から選ぶことができます。

私の場合は今までBAFFALO製のルーターを使っていたのでそちらを申し込みました。

数日後、嬉しい連絡が・・・

 

当初申し込んだ、WXR-1750DHP2からWSR-2533DHP2へと変更になりました。

いやぁ、タイミングが良かった。

ちなみにこのルーターは37か月レンタルすると返却する必要がなくなります。

逆に37か月未満で解約した場合は10,000円の違約金が発生するのですが元値がそれくらいなので解約しなければすごいお得なサービスです。

4.開通したら設定をする

開通をしたら設定をするのですが、正直言っていつ開通したかわかりませんでした。

(開通して2日後にソフトバンクから解約の連絡がショートメッセージであった)

特に設定しなくてもルーターが認識してくれたのかインターネットにつながっていました。

 

1つだけ設定したものがあって、それはメールアドレス。

こればっかりはメアドも変わるので設定し直しが必要でしたが特に問題なく完了。

 

新しいルーターですが、BAFFALO製のやつは前のルーターの設定を引っ越せる機能があったのでその機能を使ってスマホやWi-Fiを使っているタブレットなどの設定はしなくて済みました。

インターネットだけならLANケーブルをルーターに差し込むだけだったので超簡単。

本当にあっけなく終わってしまったので今までうまく繋がらなかったらどうしようという不安が嘘のようでした。

5.レンタルしていた機器をソフトバンクへ返却

光BBユニット返却

最後に、ソフトバンクからレンタルしていた機器を返却します。

私の場合は光BBユニットのみソフトバンクからレンタルしていたのでそれをショートメッセージで送られてきた住所へ宅急便で送ります。

これは着払いではなく実費なので注意です。

 

送られてきたもの全部を送り返す決まりになっているそうですが、BBユニット本体とアダプタがあれば違約金は請求しないとベテランの方が言っていました。

光BBユニット本体

なので、まずは光BBユニット本体を入れられてきた箱に光BBユニットを入れます。

送られてきた箱がない時は、100均などで箱を買ってきてエアパッキンなどで本体を守って送ることになります。

郵送中に故障したら修理代を請求されるそうなのでここら辺は注意が必要です。

アダプタとLANケーブルをまとめる

あとはアダプタとLANケーブルをまとめて1つの箱にまとめて郵送です。

私はコンビニ(セブンイレブン)でクロネコの宅急便で返却しました。

色々あったけどソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え完了

なんかいろいろありましたが(主にソフトバンク側)

無事にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えが完了しました。

実際、ドコモショップに行ったくらいであとは電話とパソコンの設定だけで事業者乗り換えは終わりました。

いろんな人と会わなくてもいいというのは楽でいいですね。

今回、携帯会社とインターネット会社を揃えたのでしばらくは光回線を変更することはないでしょう。

この記事を見て同じ悩みを持った人の助けになれればいいなと思います。

スポンサーリンク