ども、魚吉です。

早いもので娘も小学一年生。

そして7歳の誕生日がやってきました。

数年前から誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントは自分の欲しいもののリクエストをするようになりました。

そして、今回の誕生日プレゼントのリクエストが『リップスティックボード』

本当はクリスマスプレゼントにリクエストがあったのですが雪国なので冬は乗れないので春まで待ってもらいました。

リップスティックボードって何?

リップスティックボードの写真

もしかしたら名前はわからないけど見たことがある人は多いかもしれません。

今回、娘にプレゼントしたのが上の写真のリップスティックボード。

カラーも娘が選びました。

 

ちょっとリップスティックボードで検索してみたのですが、ブレイブボードとも呼ばれているみたいですね。

 

スケボーのように見えますがスケボーと違い、タイヤが前後に1個づつしかありません。

なので前に進んでいないと画像のようにコテンと倒れます。

スケボーだとタイヤが4つあるので乗ったまま立つことができますが、リップスティックボードでは無理。

なので、スケボーの方が簡単でいいじゃね?

と思ったのですが、使ってみると倒れる方がいろいろとメリットがありました。

タイヤが2個しかないのが逆に良かった

スケボーだと転んでしまった場合、スケボー板が無人でも転がっていきますよね?

でも、リップスティックボードだと転んだらそこでボードが止まります。

これ使ってみてわかった大きなメリット。

変なところに転がっていかないので車道に転がっていく心配もありません。
(道路近くで遊ばせてませんが・・・)

また、ステンと転びにくいので頭をぶつけにくいような気がします。

実際、娘が載っているのを見てると膝からやお尻から転んでいます。

後からも紹介しますが、ヘルメットと膝・肘パットを着用させてます。

小学1年生でもすぐ乗れた

乗せてみて感じたことは。

最初は手をつないで補助が必要ですが1時間もしないうちに前に進むようになってきました。

あ、ちなみに娘は自転車も補助輪なしでちょっとふらつきますが乗れます。

バランスのとり方が自転車に近いものがありそうなので参考までに・・・

リップスティックボードの写真

このリップスティックボード、どうやって推進力を得るかというと。

写真を見てもらうとわかるかと思いますが、中央部分にリングがありますよね?

そのリング部分がねじれるんです。

私も、最初どう乗るのかわからずリップスティックボードをいじくってみたのですが、このネジリがミソですね。

前後の板をねじった力が推進力になるようです。

 

なので娘には「足踏みしながら乗りな~」とアドバイスしました。

でも、足踏みだとバランスを崩すようだったので最終的には「腕を振って乗ってみて」とアドバイスしました。

両腕を前後に振ると腰が左右に動くので最終的に両足が前後してうまく乗れるようになりました。

 

現在では5分以上乗り続けることも可能になり、公園などではクルクル周って乗っています。

あと、どっかのYouTubeで見たのかしゃがんで地面を触ったりなんかいろいろ技を繰り出すようになってきましたw

安全の為にヘルメットとプロテクターは必要

リップスティックボードのことばかり書いてきましたが、これを安全に乗るためにヘルメットとプロテクターは必須だと感じました。

まだ7歳ですからね。上手に転ぶことができません。

上記した通り、今のところ頭から転んだことはありませんが慣れてきて乗り方が雑になってきたらどうなるかわかりませんしね。

 

ちなみにヘルメットは自転車を購入した時に買っていたやつを使ってます。

別にリップスティックボード用に買うまでもないですからね。

問題は、プロテクター。

 

リップスティックボードと同じメーカーのプロテクターを見たのですが結構いいお値段。

なのでブリヂストンで良さげなプロテクターがあったのでそれを合わせて購入しました。

娘の好きな水色だったので気に入ってもらいました。

忘れてた。ミニを買いました

今回購入したのはラングスのリップスティックボードミニを購入しました。

娘が欲しがってたカラーで値段が安いのを探して購入したらたまたまミニだったのですが7歳だと問題ありませんでした。

ミニとミニじゃないので何が違うのか調べてみましたが、大きさ(重さ)と体重制限でした。

ミニじゃないほうは大人まで対応していて100キロまで大丈夫なようです。

ちなみにミニは79キロまでなので私は乗れません・・・

まぁ、子供用に買うならミニで十分でした。安いし・・・

ちなみに購入したプロテクターですが、こちら。

スポンサーリンク