ども、魚吉です。

我が家も築10年を超えてだんだん設備が寿命を迎えてきました。

んで、今一番問題になっているのが暖房設備!

我が家は高気密住宅なので石油ファンヒーターや石油ストーブなどの灯油を燃やして部屋を暖める設備が使用できません。

理由は灯油を燃やした時に出る水分です。

灯油は燃えた分だけ水分を発生するために高気密住宅では水分が家の中にこもり壁紙などを痛めます。

結果、家にダメージを与えるためにストーブの使用が推奨されていないんです。

 

そこで家を建てている当時主流となっていたのが温水ルームヒーターです。

温水ルームヒーターの熱源は灯油なのですが、不凍液を室外機で温めて温水の熱を室内機で吐き出すので水分を吐き出さないのです。

灯油を燃やした空気も家の外に吐き出すのでクリーンな空気でとっても快適だったんです。

ですが近年、雪国仕様のエアコンの普及によって温水ルームヒーターが壊滅的状況にあります。

 

我が家の初代の温水ルームヒーターがナショナルのルームヒーター。

しかし、家を建てて5年経ったか経たないかという所で生産中止。

 

3年前に家に3つある室外機のうち1つが故障し、ネームバリューがあった富士通ゼネラルの『ホットマン』を導入しました。

ホットマンはネームバリューもあるし生産中止にはならないだろうと設備屋さんと話し合っての導入でした。

しかし、その1年後2017年にはホットマンは生産終了に・・・

生産終了していたのを残りの2つの室外機の交換を計画した今年知って大ショック。

生産終了するってわかっていればホットマンになんてしなかったのに~。

 

というわけで、今年我が家では温水ルームヒーター問題が勃発したわけです。

 

生産終了になったのは仕方がないので設備屋さんを含めてこれからの我が家の暖房設備の相談を行いました。

まず第1候補に挙がったのが『サンポット』という会社。

魚吉は温水ルームヒーター問題が発生するまで知らなかった会社なのですが、学校など公共の設備に取り入れられている老舗の会社でした。

このサンポットの温水ルームヒーターがなぜ候補に挙がったかというと、ホットマンと互換性が有るからでした。

ホットマンと互換性が有るというのはネットで調べていてわかっていたんですけど詳細が検索できなかったんですよね。

ひとまず互換性が有れば室内機を揃えられるのでどこの部屋でも室内機を使いまわせると考えたわけです。

 

しかし、見積もりをかけているときに待ったがかかりました。

どうもサンポットの温水ルームヒーターはホットマンの室外機と互換性はあるにはあるけどアタッチメントを交換しないと使えないらしい。

ようするに今回導入するサンポットの温水ルームヒーターを使用するにはアタッチメントの交換が必要。

でもアタッチメント交換すると今持っているホットマンが使えなくなる・・・

温水ルームヒーターの室内機は石油ファンヒーターよりかなり高額なので流石に買い替えするのはもったいない。

というわけでサンポット社の製品をあきらめました。

 

じゃあ、雪国仕様のエアコンにする?とも考えたのですが、雪国仕様と言ってもエアコンでは寒いんだよね~と設備屋さんの意見。

それに今回室内機・室外機の部屋すべてを雪国仕様のエアコンにするのはかなりの出費。

 

というわけで、最終的に我が家はコロナの『暖 DAY BOY』になりました。

なんかふざけた名前ですがちゃんとした製品です(笑)

設備屋さんもコロナから灯油を使う設備は無くならないだろう・・・とのこと。

ホントになくならないでほしい。

また10年後、調子悪くなった時に修理できない状態になっていたらと思うとぞっとします。

スポンサーリンク