ども、魚吉です。

 

もうすぐ本年も終わり、新しい年が始まってしまいますね。

そこでふと思ったことがあります。

ダイエットをしばらく頑張っていたのですが、いつの間にかやらなくなり・・・

釣りに関しても全然いけなく、ブログの更新も滞りがち。

これではまずい!!

 

しかし、これから東北は雪が降ります。

雪国に住んでいるので、雪が降ればウォーキングは無理。

除雪作業で体力を使いますが、毎年やっているのに痩せる気配は無し。

 

というか、毎日仕事で10000~15000歩は歩いているのに痩せないんだから体脂肪はしぶとい。

どうしてこんなに体脂肪って無くならないの?

室内でも有酸素運動ができるエアロバイクの購入を決意!

考えた結果、室内でも運動ができ長続きしそうなエアロバイクの購入を決意しました!

エアロバイクと言っても調べてみるといろいろあるんですね。

 

プログラムを組んで自動で負荷を調節してくれるハイテクタイプ。

タダ漕ぐだけのタイプ。

自転車のハンドルのようなタイプや、競技用のハンドルのように前傾姿勢で漕ぐタイプ。

 

いやぁ、探してみると種類が多くて悩むこと悩むこと!

値段もピンからキリまで幅広過ぎる!

これでは何を購入したらいいのか迷っちゃう。

エアロバイク使用での大事なことを1つ発見した。

調べていく中で、エアロバイクを使用するときの大事なことを1つ発見しました。

それはペダルが1番下に来たとき、膝がまっすぐにならないとエアロバイクの効果が薄れるということ。

 

説明がわかりにくくて申し訳ありません。

エアロバイクに乗り、ペダルをクルクル回して運動をしますが、ペダルを踏み込みペダルが一番下に来た時に膝が曲がっている状態だとまだ不完全だそうです。

これだと力を出し切れている状態じゃなく、例えば30分ペダルを漕ぎ続けるとエネルギーの消費量に大きな差が出るそうです。

だからっていくら膝がまっすぐになるからって立漕ぎはダメです。

 

というわけで、膝をまっすぐになる状態で運動を行わないと効果が不十分ということが発覚。

膝をまっすぐにするために必要な個所、サドルの高さを考慮しながらエアロバイクを検索したらあることに気が付きました。

お手頃価格のエアロバイクはどれもサドルが低い!

調べてみると2万円以下で購入可能なエアロバイクはサドルの高さ最大で85㎝位なんです。

魚吉は身長が183㎝あります。

いくら短足で日本人体型だといっても85㎝だと効果を十分に受けれない可能性があります。

 

口コミを見ても、サドルが低すぎたなんてコメントを見かけます。

購入するなら身長が180センチ以上でも効果が最大限に出るサドルのエアロバイクを買いたい!

というわけで、もっとサドルが高いエアロバイクを探しました。

考えた結果、身長180センチでも使用できそうなエアロバイクがこちら!

アリンコってなんだか変わった名前だなぁと思ってたけど勘違い。

アルインコといってエアロバイク機器では一流メーカーでした。

 

アルインコのエアロバイクの低価格帯では、少し価格が上がってしまいますがサドルの高さが最大93㎝まで調節可能なモデル。

Amazonなどで人気の2万円を切るようなモデルのサドルは最大で85㎝。

7センチしか高さが違うんだけど身長で7センチと考えたら大きい。

このくらい高さがあれば身長がある程度あっても膝が曲がらないはず。

 

その他、サドルカバーと床が傷つかないようにフロアマットも購入。

エアロバイクは組み立て式でした

届いて知ったけどエアロバイクって組み立て式なんですね(笑)

届いたダンボール箱を開けると写真のようなパーツが入っています。

これを説明書を見ながら組み立てていきます。

 

説明書にこれまた大切な一文がありました。

1人暮らしの人とかどうするんだろう?

 

妻にも一緒に組み立て手伝ってもらおうと思ったのですが、妻に手伝いお願いすると娘も一緒についてきてしまうので断念。

結局1人で組み立てたので1人でも組み立てることは一応可能です。

しかしエアロバイクは結構な重量があるので(20kg位)、女性一人では厳しいと思います。

誰かに手伝ってもらった方が間違いありません。

 

説明書の通りに組み立てていけば組み方は問題ありません。

簡単に組み立てることはできましたが、途中コードを通すところなどが出てきます。

その時にコードを挟み込まないようにだけ注意してください。

あと結構な労力を使うので汗ふきタオルを・・・・

なんかすっごい汗かきました。

エアロバイク初体験の感想

組み立てが終わったので乗ろうと思ったときに1つ問題が発生しました!

「あーちゃんもやるー!!」と娘が近づいてきました。

ペダルが娘にぶつかってしまったら危ないので魚吉は考えた。

考え付いたのが上の画像でも見えている柵・・・・

 

あれ、実はベビーベットなんです。

娘も大きくなりベビーベットは物置となっていたので、ベビーベットの底板を取っ払ってその中にエアロバイクをIN!

偶然にもサイズはピッタリ!

床の傷防止に買ったフロアマットもピッタリです。

 

これで娘が回転しているペダルにぶつかる心配もなくなりました。

使い道に悩んでいたベビーベットがこんなところで役立つなんて!!

中に入っているのが子供じゃなくて大人になってしまったけど(笑)

 

エアロバイクを漕いでみた感想ですが、ペダルを漕ぐ音は比較的静かです。

少しゴーゴーとした音はあるものの生活音と比べればとても静か。

エアロバイク自体も安定しているのでガタゴト音もせず、テレビを見ながら運動も可能でした。

 

ハンドル部分には心拍系が付いていて、心拍数を把握しながら自分で運動量を調整します。

心拍数が上がらなければもっと早くペダルを漕ぎ、心拍数を上げます。

また、負荷が足りないと感じられるならばペダルのテンションを重くします。

テンション調節は手動でしなければなりませんがペダルを漕ぎながら調節可能です。

上の画像に写っていますが、ハンドルの下にある丸いダイヤルがテンション調整になります。

が、運動不足なのか最小で十分すぎる負荷でした(汗)

 

気になったのは、なぜか1回の使用時間を30分にしてくださいとの記述があること。

エアロバイクって30分以上漕ぎ続けると、エアロバイクの故障の原因になるらしいです。

30分と言ったら有酸素運動の効果始まったばかりじゃないかぁ~と最初は思いました。

しかし、30分もエアロバイクを漕ぐと汗ダラダラ。

もしかしたら30分で十分なのかもしれない・・・

 

よぉ~し、エアロバイク長く続けて今回こそは痩せるぞー!



合わせて購入したマットとカバーも紹介

サドルは思った以上に固い。サドルカバーは必須

アルインコのエアロバイクについて調べているとかなりの頻度で出てくる問題がサドルの硬さ。

実際サドルを見てみるとカッチカチではないけど、30分間座り続けるのは確かにきつい。

 

サドルカバーをあらかじめ購入したので、カバー無しでエアロバイクを使ったことがありませんが、想像しただけでも痛そうなのでサドルカバーは必須です。

取り付け方は簡単、サドルにかぶせて紐で結ぶだけ!

見栄えはなんだかカッコ悪いけど、快適になるなら問題ないよね。

妻はサドルカバーあってもお尻痛いと言っていました。

女性はサドルカバー必須と考えてもらって結構です。

フロアマットは必須ではないと思いますが、フローリングに傷つけちゃうと嫌だし購入。

今回購入したのは限定商品らしいです。

なにが限定だかわかんないけど色かな?

 

触ってみた感想は、ヨガマット?

材質はまさにあれ。

 

でもヨガマットよりも少し厚みがあるような気がします。

滑らないし厚みがあるのでフローリングに傷つく心配もないのであれば安心。

あとから必要になってから買おうと思っても、1回買う機会を逃すと買わなくなっちゃうんですよね。

もし必要と思ったら最初から頼んでおいたほうが無難です。

サドルカバーとフロアマットはエアロバイクとセットになって販売されているものもあります。

興味があれば調べてみてください。

スポンサーリンク